top of page
検索
  • 執筆者の写真王子アンジェロ

タイムマシン

人は何かを食べるとき、

そのときの感情とか、誰かの思いを

一緒に食べていると思うんだ。


それが幼い頃に食したスイーツであれば、

尚更、その幸せな瞬間や切ない記憶が、

ひと口食した刹那、鮮やかに現れる。


お父さんが買ってきてくれたケーキかな、

お母さんと作ったクッキーかな、

叱られて泣いてた僕に、祖母がくれたミックスゼリーかな、

頭を撫でながら僕に手渡してくれた、祖父のヴェルタースオリジナルかな、

友達とケンカした夕方に食べたシュークリームかな、



スイーツは、その人のタイムマシンだ。

いつでもあの場所に連れて行ってくれる。



さあ、今日も旅をしよう。


今日も、いつかの旅になる。





閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page